トップへ
<---   取り出しトピック   --->
 
. KbMedia Player Version 3.05.2019.0310(正式版) Kobarin 03/10日22:26#r31
. 不具合報告 CERISE 03/11月03:59#r33
. その他 CERISE 03/11月04:03#r34
. Re: 不具合報告 Kobarin 03/11月22:53#r35
. Re^2: 不具合報告 CERISE 03/12火00:25#r37
 

上の選択記事
. KbMedia Player Version 3.05.2019.0310(正式版)
     Kobarin ホームページ 2019/03/10日22:26 #r31
編集&削除 返信  
http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/kbmedia/kbmed305.exe

起動時にエラーメッセージが表示されてプラグインが認識されない場合は
Microsoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージのインストールが必要です。
https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/?q=#other-ja
x64 版ランタイムファイル直リンク https://aka.ms/vs/15/release/VC_redist.x64.exe
x86 版ランタイムファイル直リンク https://aka.ms/vs/15/release/VC_redist.x86.exe

x64版を使用するためには x64 版だけでなく、x86 版のランタイムも必要です。

約2年ぶりのバージョンアップ。
v3.04 からの主な変更点

・本体とプラグイン/DLL の開発ツールを最新版に差し替え
・プラグイン/DLL の各種ライブラリを最新版に差し替え
・64bit版本体のデコード処理が高速化(32bit int 以外は 32bit版本体より遅かった)
・32bit版本体の 32bit int の出力が高速化
・kbmpg123.kpi による MP3 再生時にデコーダ(最適化コード)を選択出来るようにした
・デコーダプラグインのデコード速度を計測するベンチマークモードを追加
 (kbwavefile.kpi)(設定でベンチマークモードを有効化する必要あり)
・環境設定画面から検索パスやアーカイブのサイズ制限等、重要だが見落としやすいプ
 ラグイン設定へジャンプ出来るようにした
・ztom/zmc2/z2m3/zmc3 による ZMD/ZMS 対応を強化
・「お気に入りの整理」の操作性向上
・WindowsXP で非マルチプルインスタンスプラグインが使えない不具合の修正
・各種プラグインの不具合修正・改善
・ヘルプの更新


v3.05beta4 からの変更点

・各種プラグイン/DLL のコンパイラを VS2017 15.9.8 に変更
・デコーダプラグインに Render で渡す dwSizeSample の値を調整(少し大きめにする
 ことにより全体的に高速化)(dwUnitRender=0 のとき)
・MIDI に関する以下の修正
 ・末尾の SysEx を捨てていたのを修正
  ・該当データで曲長が変わる為、演奏リストに該当データを含むと再生時や曲長計
   算時に「Updated」になる
 ・プラグインで MIDI を再生時、「演奏2」->「MIDI」->「PortMode」が「Track17-32
  to Port-B, 33-48 to Port-C...」のときに複数ポートと見なされるような曲で、発
  音(ノートオン)情報が含まれないポートの情報がプラグインに渡されないのを修正
  ・Port-B に SysEx しか含まない場合など
  ・↑のようなデータの解釈の仕方はプラグインに委ねる
 ・SysEx のみ使用し、発音データを含まないポートは情報表示パネル上で「(Port-B)
  」のように () で括って表示するようにした
 ・複数ポートMIDI を MIDI デコーダプラグインで再生時、液晶の表示が32パート用に
  切り替わることがあるのを修正
 ・midiOut で MIDI を再生時の「プラグイン」部の表示を「Internal MIDI Player」
  から「midiOut MIDI Player」に変更
・本体内蔵 CD プレイヤーでオーディオ CD 再生時の「プラグイン」部の表示を「Inter
 nal CD Player」から「MCI CD Player」に変更
・kbfmmidi.kpi に関する以下の修正
 ・KPI_MEDIAINFO::dwUnitSample 値を 0 にしていたのを 10ms 相当になるように修正
  ・Render の dwSizeSample 値が大きいとテンポがよれよれな感じになる為、本体の
   実装により再生結果が変わっていた(dwUnitSample=0 のときに dwSizeSample を
   いくつにするかが本体の実装により変わる)
 ・再生位置が本来より後ろにずれていたのを修正
  ・ずれの度合いは本体の実装によって変わる
  ・v3.04〜v3.05beta4 だと 44100Hz で 約12ミリ秒
 ・複数ポートMIDI再生時、リセット系とマスターボリューム系の SysEx を全てのポー
  トに送信するようにした
  ・他にも全てのポートに送信すべき SysEx があるかも
・kbemidi.kpi に関する以下の修正
 ・複数ポートMIDI再生時、SysEx を全てのポートに送信するようにした
  ・現状 SysEx はマスターボリューム系(GM/GS/XG)のみ対応


3.05beta4 からあまり手を加えないつもりだったんですが、
Timidi95 のプラグイン更新時にいくつか問題に気づいて
修正しちゃいました。バグってたらすみません。

あまり多くはないと思いますが、MIDI の曲長計算の結果が変わる
データがいくつか出てきます。

MIDI を含む演奏リストが「Update」になってたら該当データが
あったということになります。

仕様変更によるものということでご了承下さい。
. 不具合報告
     CERISE 2019/03/11月03:59 #r33
編集&削除 返信  
拡張子が*.mdsのMidiファイルの再生が出来なくなっています.
この点の修正をよろしくお願いします.
. その他
     CERISE 2019/03/11月04:03 #r34
編集&削除 返信  
あと、Monkey's Audioの最新はV4.56まで進んでいます.
https://www.monkeysaudio.com/versionhistory.html
. Re: 不具合報告
     Kobarin ホームページ 2019/03/11月22:53 #r35
編集&削除 返信  
> 拡張子が*.mdsのMidiファイルの再生が出来なくなっています.

ご指摘ありがとうございます。よく気づきましたね。(^^;

実は公開してしばらくした後に気がつきました。
どうせ誰も気づかないだろうと思ってましたが
まさか指摘されるとは思ってなかったです。

ちなみに RMI も再生出来なくなっています。

Monkey's Audio も頻繁に更新されてますね。
4GB超に対応したようなので、しばらく頻繁に
更新されるかもしれません。

Monkey's Audio の最新SDK を取り込んだら
3.05a として公開します。
. Re^2: 不具合報告
     CERISE 2019/03/12火00:25 #r37
編集&削除 返信  
> > 拡張子が*.mdsのMidiファイルの再生が出来なくなっています.
>
> ご指摘ありがとうございます。よく気づきましたね。(^^;


もともとMidiファイルのうち*.mdsなどの形式(*.mid以外)ファイルを再生できるソフトを探していたことからユーザーとなりましたので。(ただしこの不具合発見は適当にファイル再生していたら発覚したので、偶然ですが・・)

上へ






RAIBPL1.23-wakatiai.halfmoon.jp 2019/03/24日15:36